読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちメモ

なんかいろいろ。メモ代わりに。

刀ミュ 真剣乱舞祭レポ(12/20.21)

あけましておめでとうございます!!!

年内には年内観劇した舞台とかライブの感想とかまとめたいな~とか思っていたんですが、なんだかんだで年明けちゃいました。

というか2月( ´・ᴗ・` )

 

12月ほんと楽しかったんだよ~……。

個人的なんですが以降はちょっと忙しくてあんまり舞台とかライブのチケットとってないんで、さみしくなるなあという感じです。

とりあえず12月を思い出しながららぶフェスの感想を。

 

 

 

以下ネタバレ、感想、個人の意見を含みます。

了承の上読み進め下さい。

 

 

 

 

ミュージカル 刀剣乱舞 真剣乱舞祭 2016 公演パンフレット

ミュージカル 刀剣乱舞 真剣乱舞祭 2016 公演パンフレット

 

 

 

 

 

 

 

12/20、21と参加してきました(千秋楽はライビュ)

物販は大阪に比べたらぜんぜん楽だったみたいですね……。チケット所持者優先とかあって、そんなにきつくはなかったかな?という感じ。缶バッチもそんなに辛くなかったしね。ただ冬なので普通に寒かったのと、ペンライトがでかくてかさばるのと、ペンラのスイッチが横なので、帰りの満員電車でスイッチが押されてついちゃうのには参った!

 

席はすべて2Fのスタンド席?でした。一番遠いフロアなので升席とか羨ましいな~とか思っていたのですが、客降りもあったし、2F最前のときはものすごく見やすいしで結構あたりだったかな、と思います。

今更セトリ通りに思い出すのも大変なので、印象深かったとこと、ストーリーの事とか中心に書いておきます。

 

まず思ったのは、儀式。これライブとかコンサートっていうより儀式だなっていう。

ペンライトを消したりするタイミングがあったり、芝居?お話パートが結構有ったり、そもそもライブというよりは一つのお芝居を見ているんじゃないかなっていう感じのストーリーなんだよね。

 

お話しのあらすじとしては清光のとりあいっていう感じだったのですが、三条が完全にラスボスでした。

演出がスゴイ。光る棒みたいなのが清光を取り囲む演出とか、みかちかソロとかは完全に劇団四季かディズニーって感じだったよね。

 

歌もがっつりあって、ストーリー仕立てだから決して話パートとかもなかったわけじゃないのに、すごい充実感でした。内番のところとかのわちゃわちゃも見られたし大満足。

というか曲が多くて、本公演メンバー以外も歌ったりするのは本当にありがたかった。体感3時間くらいあったよ。

 

ただ、1つだけ気になっていたのは結局2Fってスタンドしてよかったの?っていう。

ドリライで育てられた身としては、スタンドしてがんがん叫びたかったような気もするよね。2Fはスタンドダメって言われました~って人と、OKみたいです!って人がいて、結局どっちだったのかな?っていう。

歌フルだし、ほんと本公演とは違ったユニットで見られたりでほんとうに楽しかったし、充実感が半端なかったです。

 やはりネルケに育てられた身なので、ネルケのライブは身にあっていて楽しかった!

 

 

この感想書いてたの1月なんですが、あのときめちゃくちゃキャスティングにびっくりした刀ミュ3弾、もうあっという間に始まっちゃうね……。