読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちメモ

なんかいろいろ。メモ代わりに。

ツキステ。Tri スクレボver.black観劇感想

スクレボ千秋楽お疲れさまでした!

 

今回は本当にきつかった……(チケット戦争が)

博品館ほんと大変だった。シリアル積んでもほとんど当たらなかった時はほんとくらくらした。やっぱり調子乗って千秋楽プレとかに希望出しちゃだめだなあと!笑 無駄だもん!
とりあえず黒、白にわけて感想を書いておこうかな、と思います。黒から。

ただ、時間が経って若干記憶が薄れてきている部分があるので、間違っていたり記憶改ざんされていたりするかも?

 

 

 

 

以下ネタバレ注意です。
また個人の感想、多少の批判などありますのでご注意を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待ちに待ったツキステでした。前の用事が推したのでダッシュでブルーシアター向かった日があったんですが、ほんとあの坂道きつすぎ。毎回言ってる。正直キャパあってもブルーシアターはいやです。

 

今回のストーリーあらすじは公式かツイッターにあるようなので省略。夢見草がしんどすぎたので、話自体はめちゃくちゃライトな感じでした。

 

あと、スクリーンが三つも設置されてて、カメラも毎日入っていて、(儲かってるんだな……)って思った。初日に入った友人からネタバレなしの感想を聞いたら、「セットにお金がかかってしディズニーだよ」だった。
途中の現国対決シーンとか、カメラさんが入って来るところとか見ながら、お金と人でかかってるなぁと思った。

あ、現国シーンが最高でした! ああいう個人の技量が試される系の日替わりパート大好きなので、円盤が楽しみ!!初演のアンコールで各個人がネタ持ってくるやつ大好きなんですよ。あれみてから今回の見ると、たつきちくんとか超成長してすごいよ……。

 

 個人的にはストーリーはなんかもっとアレだったかな?と思った。夢見草の後だったからかもしれないけど、結構あっさり解決しちゃってこれでいいんだ!?って感じ。ダンス部部長そんな簡単に引き受けちゃうんだ!?もう問題解決していいの!?ライブまだなのに!?みたいな。初演のグラビ公演よりはストーリー仕立てって感じだったけど。

なんだろう、グラビの子たちにあんまり問題が起こらなかったからかな?ちょっと物足りない感じがしました。でも、問題も抱えていないし、完成されてきているから人を導く側に成長しているっていうのが、アニメやら夢見やらの軸から時間がたった現在の時間軸のグラビちゃんたちなのかも。

あとすみません、グラビ以外のキャストが多くてキャラの名前が一致しないんですよ~::このキャスト達の出番が思ったよりいっぱいあって、アンサンブル?キャストだけのシーンも多かったので、ここは賛否両論点なのかなと思ったり。私、結局実行委員の子と真面目っことドルオタと~みたいに属性でしか覚えられなくてほんと申し訳ない。ドルオタくんのはっちゃけた演技が良かったし、印象に残りました。

すごいステージ上に人数が多いので多幸感はあった。白田黒田が出てきたときに、「ディズニーってこういう事か」と思いました。最後の時計仕掛けのモラトリアムはパレードって感じで盛り上がっててよかった!オールスターって感じ。われわれが卒業生役で、高校生の時、送別会がまさにあんな感じ(卒業生はペンライトを振って、ダンス部がステージで踊りまくる)だったのでなんか懐かしい気持ちになりました。

 

あ、あと、もっと黒年少推してきてもいいんだよ!?とは思ったなあ。ダンスバトル位しかめちゃくちゃ目立ったところが無くて、あそこ見てようやく「そういや黒年少のお当番回だったな」って思ったくらい。表裏とか少なくて、ほのくらいところが少ないところが2人の魅力なんだろうけど、もっと黒年少の出番とか意外性とかみたかったな。
ダンスバトルは超かっこよかった。あれはあの二人のうちたまにしかできないよ。

グラビの制服はかなり色がトンチキなんですが、みんな似合ってるし、着こなしやらカバンがみんな違うの正直めっちゃ萌えた。みんな律儀にうさ着けてるのがかわいい。

 

ぐっときたシーンは、「自分たちもオーディションに落ちたりして、へこむこともある。ただ応援してくれる人がいるから頑張れる」みたいな台詞です。私観劇当日、結構うまくいった二次面接での初めてのお祈りメールをもらって、すごいショックな気持ちで観劇していたんです。なんか自分が否定された感じで。

だから、このセリフを見て、「そうだよね、いつも元気をくれている彼らだって私以上に落ちて苦労しているんだろうな」って思ったと同時に、自分も負けてらんないな、こんなことでへこんでられねえ! って思ったんです。正直台詞聞きながら、めちゃくちゃ泣きそうになってた。ここ、就活生に刺さりまくったと思うな。

 

 

ライブパートはめちゃくちゃ充実感ありました、個人的にはルナライより歌あったんじゃないかな?って感じるくらい。というかルナライの曲が少なかったのかな?

一因として、一幕でもライブパートが結構あるし、二幕はいつものセトリの流れじゃなかったので「次は何が来るんだ……!?」って思いながら見れたからかも。

やっぱり印象に残ったのは撫で撫でだよね。なでなでからの恋忘れ草は卑怯でしょ。なでなでの映像収録見るの怖いんだけど。怖くないですか?なでなでの後ろ二人も良かった。これ変な意味ではなく思ったんだけど、姫か!?って思った。春さんに傘さされ、新君という道案内人もつけてさ~。バックダンサーの二人もすごい着物が似合っているんですよ。2人を侍らせるシーンの色気が最高だった。

見れば見るほど?回を重ねるほど恋忘れ草の絡みが濃厚になっている気がするので、友人に布教するときにちょっと悩むんだよね!笑 ひかないかなあって……。

あとはRainy Dayだったかなと思うんですが、さび前でいつもたいきくんがスゴイ高くジャンプするところでたつきちくんも負けないくらいジャンプするようになってて、成長……!って思ったら、たいきくんはジャンプに加えてひねりも入れていて、す、すげえ……ってなった。稽古時間少なかったはずなのに彼はほんと魅せるよね。ソロもかっこよかった。

スクリーンに歌詞とかキャラ紹介とか出てたんだけど、ぶっちゃけキャストに夢中であんまりスクリーン見れてなかったです。ごめんね!

 

ツキステは芝居でも客席降りが多くて、中央の通路を使うことが多いので、前ブロの時は後ろ向かなきゃいけない事が多くて、ステージ無視してこんながっつり真後ろ向いていいのかな?って思ったから、そこはなんかどうにかしてほしいなあと思った。なんかステージにも人がいるのにお尻向けるべきか、通路のキャストをガン無視していいのかなんとなーく迷うよね。

 私舞台の客席降りはそんなに好きじゃなくて、席にちゃんと座ってみたい……って思うタイプなんですが、ぶっちゃけツキステはダンス"ライブ"だからこんな感じなのかな、と思ってる。

ツキステ通路演出多いから、アイアのほうが向いていると思うんだよね~、ブル―シアターは正直埋もれが多いのでライブシーンであんまり通路走り回っているの見えないかど、アイアは通路が多いので通路演出がはえそうだしね!スタンディングが多いから椅子が固かろうがあんまり関係ないし、歌パートは音源なので音響もあんまりこだわらなくていいし。あと坂道じゃないし!

って下書きしてたら五幕アイアでビックリした。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

やっぱり見るとツキステたのしいな~って感じだったし、今回は新曲が多かったので特にライブパートがものすごい楽しかったし充実感があった!
あと、夢見草は重かったので、こんくらいさくさくかじれそうなライトな感じのほうが、就活中で荒んだ心にはよかったかなと思った。夢見草見た後三日位なにも手につかなかったし。

変な話夢見草は、普通の2.5と似たものを感じたんですが、初演とか今回みたいにライブ!芝居!ライブ!みたいにライブ比率高めだと、ツキステを見に来たって感じします。歌じゃなくてダンスに特化できるライブシーンができるのがいいところだよね。

 

劇場出た後に作中で配ったチラシ配ってくれるの感動した。ほんとにわたしたち卒業生役やらされてたんだ、っておもったし、制作が多少お金がかかってもなんか思い出に残る面白いことがやりたい!って思っているのを感じました。

ムービックさんこと、座席なかった問題とかあるし、正直不慣れなんだろうなとはおもうが応援したい、と思った。まあ四幕の期間の短さもあるし、チケットがご用意されればね。笑

 

                  f:id:ankokinakozunda:20170328091340j:image

画像が何もなかったのでアニメイトにあったポスターを……